戸別所得補償モデル対策の概要

制度導入の背景と目的

現在、日本の農業・農村は、後継者不足による農業従事者の減少、高齢化の進展、耕作放棄地の増加など、危機的な状況にあります。
このような中、国民の皆さんへ安全な食料を安定的に供給していくためには、意欲あるすべての農業者の皆さんが農業を維持できる環境を整え、創意工夫のある取組を促していくことで、食料自給率の向上を図るとともに、日本の農業と地域を再生させなければなりません。

現在、日本の農業・農村は、後継者不足による農業従事者の減少、高齢化の進展、耕作放棄地の増加など、危機的な状況にあります。 このような中、国民の皆さんへ安全な食料を安定的に供給していくためには、意欲あるすべての農業者の皆さんが農業を維持できる環境を整え、創意工夫のある取組を促していくことで、食料自給率の向上を図るとともに、日本の農業と地域を再生させなければなりません。

詳しくはpdfファイルをご覧ください。

個別所得補償パンフ