担い手農家との懇談会が開催されました

 2月3日(金)、JA南すおう本所において担い手農家との懇談会が開催され、平成24年産米の生産調整について意見交換を行いました。冒頭、河村組合長より、昨年は担い手の方々にはたいへんなご協力をいただき、生産調整が消化できたことを感謝されました。また最近の動向では、国営緊急農地再編整備事業に伴う農業総合特区の指定を受け、事業採択された場合には、今まで以上に麦、大豆、野菜の生産振興に全力を挙げていきたいとの挨拶がありました。

 

 JA南すおうでは担い手農家・農事組合法人などを中心に飼料用米への取り組みを行い、米の生産調整を達成する予定です。担い手の方からは質問や積極的な意見が多く寄せられました。