麦の収穫・乾燥調整

 6月7日(木)よりコンバインによる麦の収穫作業が開始され、大豆・麦兼用乾燥調整施設が稼動しました。梅雨時期に差し掛かり、雨の合間を縫って刈り取り作業が行われています。

   

  収穫の終わったほ場はすぐに耕転され、水稲の作付けが行われます。