米穀の使用済み紙袋の取扱について

 一度使用した紙袋の検査証明及びそれに付随する記載を表示させたまま、再度農産物(玄米や精米、くず米、麦類、大豆等)を入れ、流通(朝市や直売所等での販売、知人や親戚などに販売等)させると「※農産物検査法」の違反となり罰則(1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)が科せられます。

使用済みの紙袋をご使用する際には、検査証明及びそれに付随する記載を下図の様にマジック等で×印で抹消した上で流通させる様、お願いします。

 

※参考:農産物検査法第十三条第3項に、農産物検査機関が農産物検査を行ったときに記載する事項「検査年月日」「検査結果」「その他必要な事項」が表示してある包装は、その表示を除去するか抹消した後でなければ、再び農産物の包装として使用してはいけないと定められています。