田布施イチジク部会総会が開催されました

5月15日(水)、JA田布施支所において田布施イチジク部会総会が開催されました。 

   

 冒頭、西本部会長は挨拶の中で、今年の生育状況の報告と、「産地の課題解決のために、部会員と関係機関で協力して田布施イチジクの再生を図っていきたい」と呼びかけられました。 現在当産地では後継者不足、連作障害の発生などの課題を抱えています。今年度の事業計画ではそれらの課題を克服するための活動や実証試験を盛り込み、承認されました。

 

 平成25年度、田布施イチジク部会は25名で栽培・出荷に取り組みます。