437 味噌づくり体験を開催しました

11月8日(土)、柳井市都市農村交流施設「ふれあいどころ437」において、味噌づくり体験を行いました。地元日積の農産物加工グループ「ひばりグループ」の皆さんを講師にお迎えし、賑やかな体験イベントとなりました。

味噌づくりには手間がかかりますが、事前準備(米を蒸して麹菌をつける、むろに入れて切り返しを行う、大豆を煮る等)をひばりグループに準備していただいた為、当日は麹と塩、大豆をまぜ、専用の機械でつぶして容器につめる作業を行いました。

昼食に、ひばりグループの味噌から作った焼肉のタレで味付けした野菜炒め、味噌汁、日積産の新米ごはんをいただきました。特に焼肉のタレは大好評で、使用する調味料や作り方を質問される方もいました。

ふれあいどころ437では、今後も農業体験や農村の知恵を伝えるイベントを開催し、都市と農村の交流を図っていきます。