加工用タケノコ出荷開始

4月8日より加工用タケノコの出荷が始まりました。出荷場に持ち込まれたタケノコは担当者が目視で確認し、キズの程度や汚れなどを確認しました。

竹林を手入れせず置くと根が畑等へ侵入し竹林が拡大してしまいます。根の侵入を防ぐためタケノコの採取は必要とされており、JAでは竹林所有者の要請に応え、柳井農林事務所森林部、全農やまぐち、(株)日本果実工業と協議し、加工用タケノコの集荷を行うこととしました。各行政広報やJA広報「あけぼの」等で出荷者を募集し、現在6名の方が出荷に取り組んでいます。加工用タケノコは5月上旬まで計12回の集荷日を設ける予定です。

お問い合わせ先

JA南すおう経済部営農課 TEL 22-9787