田布施イチジクの出荷が本格化しました

 7月上旬から田布施イチジクの出荷が始まりました。例年に比べ梅雨が長引き選果作業に気を使うスタートとなりましたが、天候の回復に伴い出荷が本格化しました。各農家で収穫・パック詰めされたイチジクは出荷場へ持ち込まれ、検査員により傷みが無いか、目視で確認します。検品されたイチジクは鮮度を保つため速やかに予冷し、各市場や地元直売所へ出荷されます。現在出荷している品種は「桝井ドーフィン」で、みずみずしくさっぱりした甘さが特徴です。8月上旬からは酸味と甘みのバランスの良い「蓬莱柿」、8月下旬には糖度が高く濃厚な風味で果皮が黒い「ビオレー・ソリエス」を出荷予定です。