437 アスパラガス収穫体験を行いました

 7月25日、柳井市都市農村交流施設「ふれあいどころ437」においてアスパラガス収穫体験を開催し、事前に申し込みのあった16名の方が参加しました。始めにアスパラガスがどのように栽培されているのかを栽培講座で学んだ後、地元の農事組合法人あいさいの里のハウスで実際のアスパラガスの栽培状況を見学しました。見学後は一人ずつハサミを持って、収穫時期になったアスパラガスを見極めながら、収穫作業を体験しました。体験後はふれあいどころ437へ移動し、地元の方が腕をふるって作ったアスパラガス料理をごちそうになりました。料理は日積産のお米で作ったおにぎりのほか、アスパラガスを使用したサラダ、くず豆腐、豚肉巻き、胡麻和えなど、多彩な料理が並びました。

 

 ふれあいどころ437では、今後もブドウの収穫体験や味噌作りなど、地域の特産品と触れ合う体験の開催を予定しています。興味のある方はぜひご参加ください。