437 ぶどう狩り体験を開催しました

 8月22日(土)、柳井市日積の都市農村交流施設「ふれあいどころ437」において、ぶどう狩り体験を開催しました。日積ぶどう生産組合の松山さんにご協力いただき、約50年前から始まった日積ぶどうの歴史や栽培している品種、収穫の方法などをお話いただきました。収穫体験では、日積で昔から栽培に取り組んでいる品種「キャンベルアーリー」や強い甘味が特長の赤系品種「ノースレッド」を収穫しました。参加者はそれぞれの品種を味見して違いを比べながら、収穫したてのぶどうを堪能しました。