春芽アスパラガスの出荷が始まりました

 3月9日より、春芽アスパラガスの出荷が始まりました。選別場に持ち込まれたアスパラガスは、作業員により一本一本丁寧に品質を確認し選果機にかけられ、規格ごとに束ねられていきます。

 

 春芽アスパラガスは夏芽に比べ収穫量は少ないのですが、繊維が柔らかく、甘味が強いのが特徴です。JA南すおうアスパラガス部会では、県の標準的な栽培基準より化学肥料・農薬の使用を半分に抑えた栽培を行っており、平成27年には部会員全員が「エコやまぐち50」の認証を受け、環境に優しい農業を実践しています。近年は農事組合法人や新規就農者も栽培に取り組んでおり、栽培面積は拡大しています。

 春芽アスパラガスは、4月下旬ごろまで出荷を行う予定です。