産地見学会を開催しました

   12月5日、農林水産物の販売促進活動を行う農林水産サポーターを対象に、産地や農産物への知識を深めてもらうための産地見学会を開催しました。現在出荷を行っている「いちご」「はなっこりー」「キャベツ」のほ場を見学し、JA担当者から産地の状況や、販売強化の取り組みなどを紹介しました。生産者からも作物を栽培する上での苦労や工夫などをお話しいただき、特に「はなっこりー」「キャベツ」では10月に接近した台風の影響を受け、株の傷みが発生している状況を伝え、生産現場や農産物への理解を促しました。

 

ほ場の見学後は試食と意見交換会を行い、店頭販売での声かけや試食方法などのアイディアを出し合いました。参加者からは「お客様へ商品や産地を紹介するときに役立つ」等の声もあり、貴重な意見交換の場となりました。