第18期南すおう営農塾 開講

 4月15日(日)、野菜作りや出荷販売に興味のある人を対象に「南すおう営農塾」の第18期を開講し、9人が入塾しました。開講式では河村壽雄組合長より、「過去の営農塾の卒業生は直売所や青果市場への出荷に取り組む方も多いので、皆さんもぜひ出荷を目指して欲しい。一年間楽しみながらしっかり学び、習得した知識を役立てて下さい」と激励されました。

 

 初回の講座では、柳井農林水産事務所から土づくりの基礎知識や肥料・堆肥の種類について、JA営農指導員からは夏野菜の定植時の注意点などについて講義を行いました。今後は、野菜作りのほか農薬の安全使用や農機具の取り扱い方法などを学ぶ予定です。